中央大学バレーボール部

中央大学バレーボール部のマネージャーのブログです。
日々の活動を更新していきます。
よろしくお願いします!

記事一覧(42)

春季リーグ戦閉幕~第3位~

こんにちは!先週の土曜日、約2か月間に及ぶ春季リーグ戦が閉幕いたしました。今回は最終戦、最終結果についての記事です!以下戦評です。5/19(土)VS.日本大学中央大1(16-25,22-25,25-20,13-25)3日本大スタメン#19中野 #6谷口 #18梅本#12水野 #11牧山 #9富田  L#1柳田春季リーグ戦最終戦は、中大らしいバレーボールを出すことができず、第3セット以外、終始相手チームに圧倒され大きく点差を突き放され落とすこととなった。第1セット序盤から4点のリードをつけられ2-6でタイムアウトを要求。流れを断ち切れると思われたが、そこから1点しかと得点できず、相手リードは7点差と厳しい展開となった。終盤は一進一退、互角の戦いとなったものの序盤の点差を縮めることはできず第1セット16-23で落とす。第2セット、第1セットの流れを断ち切るかのように序盤から#12水野がクイック・ブロック、立て続けに#19中野がブロックを決め、連続得点で好スタートを切る。17-17まで試合は互角に進んだが、自チームのミスから始まり4連続失点で17-21とこのセット初めての4点差がひらく。20-23で途中出場した#25山岸が22-23の場面でノータッチサービスエースを決めるがあと一歩及ばず、連続でセットを落とし窮地に追い込まれた。第3セット、スパイカーに#23鍬田、セッターに#25山岸の新入生コンビをスタメンで起用し反撃を狙う。序盤から大学リーグ初スタメンを飾った#23鍬田がブロックを決めチームの雰囲気を盛り立てる。序盤リードに成功すると中盤も#18梅本のブロック、#9富田のスパイクなどが決まりだし16-9と相手を突き放した。終盤までこの勢いをキープしこの試合初めてセットを奪う。第4セット、フルセットに望みを繋げる大事なセットとなったが、自チームのミスが多くうまく流れをつかめず13-25と大敗を喫する。以上